志々島(ししじま)は、香川県三豊市に属する瀬戸内海の離島。

周囲3.8キロの小さな島です。

江戸時代後期から漁業の島として栄え、戦後は除虫菊や唐辛子などの栽培が盛んに行われました。

最盛期の島民は1,000人超。

しかし過疎化が進み、島民は現在20人となりました。

車もコンビニも飲食店もありませんが、古き良き昭和の香りがします。

樹齢1200年の大楠(おおくす)が、今日も静かに島を見守っています。


■志々島・超ローカルNews